学資保険 利率 ソニー

以前は子供が出来ると絶対的に加入することを言われた学資保険。
現在のじいちゃん・ばあちゃんから進められた方も少なくないのではないでしょうか。
それは、以前の利率のよさからきているのです。
もう、学資保険そのものから遠ざかっている方からのアドバイスになります。
昔は学資保険は支払った以上の金額が満期時に受け取れるような時代でした。
しかし現在は元本割れしているところが当たり前です。
もちろん保険付きな部分は変わりませんので、そこを重視して加入する人も多いのだと思います。

でも、よくよく考えてみると、ご自分でしっかり貯蓄できる自信がある方には、最近の傾向で行くと、それほど学資保険の必要性はなくなってきたのかもしれません。
元本割れすることは、もちろんですが利点である保険の部分でも、親御さんのほうがきちんとした生命保険に加入していれば、家族の方への保障付きなどもあります。
それを考えると貯蓄を利率のいいものに変えて、保険の部分は親御さんの方でカバーする、と言う考え方も1つです。

なんとなく学資保険は親の務めてきな考えが抜けないですが、現実的に考えると、損をしていることも多いと思います。
昔からある「かんぽ」などの郵便局の保険も、かなりコスト的にそんな場合があるかもしれません。
利率のよいころは、こぞって郵便局の学資保険に加入していた時代もありましたが、やはり時代が違います。
現在の保障内容・満期時の支給額・保険の必要性などを、しっかり考え加入するのをオススメします。

ご自分で貯蓄する自信がない方でも、学資保険に入ることで知らずに貯蓄されている〜という利点はあります。
貯蓄性を考えると、ソニー損保 学資保険が人気のようです。
以前のように、郵便局の学資保険だけにとらわれず、ソニー損保 学資保険のような貯蓄性重視の保険もイロイロ出ていますので、検討するといいかと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。